SVスプール 遠投

ダイワで発売されているSVスプール搭載のベイトリールのタトゥーラSVTW、ジリオンSVTW、ジリオン10SVTW、スティーズSVTWを持っているのですが、ずば抜けて遠投が出来るリールが、スティーズSVTW 標準でSLPワークスのRCS 1016 SV スプール G1が装備されているので、キャスト時のスプールの音や振動も静かで、メタニウムMGLと比べても、飛距離は上です、

SVスプールはブレーキ調整さえ間違わなければ、ノーサミングで、1.5gのネイルシンカーのネコリグから、1オンスオーバーのルアーまで使えますが、スティーズSVTWは別格の飛距離が出るのでスティーズのSVスプールを、オール強化アルミのジリオン10SVTWに装着してキャスト、スティーズSVTWを上回る遠投に成功、スプールとベアリングが関係してると改めて実感、スティーズATWにも使えるので、

ダイワ SLP WORKSから、カスタムパーツとして販売されてる

RCS 1016 SV スプール G1を購入。

スプール交換と同時に、セラミックベアリングを使いさらに飛距離アップ

スプールのピンを抜く前に、ピンのすべりをよくするためにオイルを1滴たらします、これをしないとピンが曲がったり、変形する事も有ります。

【ダイワ純正】 SLP WORKS スプールBBリムーバーIIを使いピンを抜きます。

ピンが抜けたら、ベアリングとベアリングカラーを分解してセラミックベアリングと入れ替え

今回使ったセラミックベアリングは

AIR HDセラミックベアリング

片側がシールドタイプになっているので、遺物が入りにくい様に、シールドを外側にして、マグネットブレーキ側も交換

ベアリングにアルケミーオイル ウルトラライトを1滴添加

取り扱い説明書の書かれてる、スプールのシャフトの焼き付きを防止するために、マグネットブレーキ側のスプールシャフトに薄くグリスを綿棒で塗り、組み立てます、シャフトにグリスを塗らないとスプールのガタが出ない事が有りメカニカルブレーキのゼロポジションが出ないせいでバッククラッシュすると言う痛い経験が・・・

メカニカルブレーキのゼロポジションから、ほんの少し、しめてノーサミングでのキャスト

遠投の場合、ヘビーロッドの1オンスシンカーなら、ブレーキ1で、サミングを行い、ロングキャスト仕様でキャストします。

ただ、14g以上のシンカーを遠投する場合は、ジリオンTWHD1516や マグフォースZスプールのスティーズATWの方が飛距離が出ます、もっと飛ばしたいなら、ジリオンTW HLC 1516と言う具合に、あくまでも14g以下のルアーを快適に飛ばせるのがSVスプールだと思います。

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です