ラインの糸ヨレを取る

ダウンショットやギルフラットなどを使っていると、

ルアーが水中で回ってラインに糸ヨレが入り、真っすぐにならずに、ナミナミになっちゃいます、

ひどくなると、ガイドに絡みついたりしてロッドが折れる事だって・・・

実は、糸ヨレが入ると、ラインがスプリングみたいに、「ビヨ~ン、ビヨ~ン」となって

感度はかなり落ちてしまい、釣れる魚のアタリを逃してる事も有ったり・・・

バスプロは、釣りを行う前に必ず糸ヨレを取って、試合に臨みます。

私の場合、糸ヨレで、キャストの時にガイドにラインが当たる音が変になるのと

すごく感度が悪くなり、ルアーを持ち上げるとくるくる回るのが気になって、

糸ヨレを直ぐに取るために

糸ヨレを取るタックルハウス(Tacklehouse)ノントラブルスティックを使っています。

L:14LB~20LB 用 、M:8LB~12LB 用、S:2LB~6LB 用

もうひと工夫して、ボールベアリングのスイベルを取り付け

キャストして巻くだけで糸ヨレが取れる様にしています。

タックルハウス(Tacklehouse)ノントラブルスティック

使ってるボールベアリングスイベルはエバーグリーン(EVERGREEN) ボールベアリングスイベル 3

常に使ってるのはMサイズなんだけど、十分に飛ぶから10~20ポンドで使ってます。

以前は、糸がよれたら交換してたんだけど、

高感度の強い糸R18リミテッドを使う様になって、

もったい無いので、キャストして、巻き取る時に、濡れタオルでラインを軽く押さえて巻き取り

ラインの糸ヨレと、汚れを取って使う様になりました。

感度が上がり、ライントラブルの防止にもなる簡単な方法です。

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です