ベイトフィネス タックル

ベイトフィネスと言えるかどうかは疑問なんだけど、ベイトフィネスロッドを使ってるからベイトフィネスなんだと思う、ベイトフィネスロッドは、1本しか持っていません、でも、このロッドを手にしてから、スピニングタックルを使わなくなった、私のベイトフィネスロッドは。

◆abu ホーネットスティンガープラスHSPC-652ML-BF MGS

HSPC-652ML-BF MGS
HSPC-652ML-BF MGS

ホーネットスティンガープラスHSPC-652ML-BF MGSは、1.75g~7gまでのルアーが使えるロッド

スモラバの、エバーグリーン(EVERGREEN) ラバージグ C-4ジグが使いたくて購入した、センターカット2ピースロッド

実は、左手の手首を痛めたときシップを張りながら、琵琶湖で釣りがしたくて、ジリオンSVTWにR18 フロロリミテッド8ポンドを100m巻いて、スモラバで反応が無かったので、3.5gシンカーのライトテキサスで水面に出てるウィードの上に乗せて、ウィードのエッジにフォールさせる釣りをしてました、ミディアムロッドだと、シンカーが軽すぎて届かないのですが、HSPC-652ML-BF MGSなら、8ポンドラインでも、3.5gのテキサスで30mは飛んでくれるから、ベイトフィネスロッドはすごいと思う、キャッチした50㎝BASSがこちら

「なぜ軽いルアーなのに、スピニングにしないの」と良く言われます。

今回の場合だと、ラインが8ポンド、(R18 フロロリミテッドは8ポンドの太さで10ポンドの強さがある)

BASSがウィードエッジでヒットした場合、ベイトリールの巻き取りパワーで、ウィードエリアからオープンウォーターまでよせて、首を振らせる間をあたえずに、水上スキーの様にバスを引っ張って回収、一気に抜き上げるのが私の釣り方。なので、私はネットは持ってません、ホーネットスティンガープラスHSPC-652ML-BF MGSは、小さいルアーを遠くに飛ばせるのに、バットは、ヘビーと言っていいくらい硬いから、50アップをよせてこれます。

ホーネットスティンガープラスHSPC-652ML-BF MGSを選んだ理由は、

トランクに入る2ピースで、海のテトラ釣りが出来て、印籠継ぎ シーバスロッドも、もってるけど、すべて印籠継ぎ、こんなジョイントの事です。

HSPC-652ML-BF MGSは、他のベイトフィネスロッドより重い118gなんだけど、ハリが有るけど細いからしなやかで、すごく高感度、7月の終わり水温が高く陰で休んでる元気の無いBASSの弱い吸い込みでもテップがしなってくれて、キャッチする事が出来ました。この日、回りの10名ほどは釣れなくてかえって・・・

このロッドで良く使うリールが、ジリオンSVTW

ZBCスワンプクローラーのノーシンカー

3.5gシンカーのダウンショット

エバーグリーン(EVERGREEN) ラバージグ C-4ジグ2.7g

3.5gのライトテキサス

イモグラグ30ノーシンカー

8ポンドラインで、ジリオンSVTW、スティーズSVTWどちらでも快適に投げられるから、ベイトフィネスリールは、持っていない私です。

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です