フロロラインの選び

最近はフロロラインばかり使う様になって

ここ10年、色々試した結果、私が使ってるフロロラインを公開

最初に知ってほしいのが・・・

ポンド(lb)は重さの単位と言う事はご存知ですよね。
1ポンドは16オンスになります。

ルアーラインを製造する上での規格が2種類ある事は知っていますか?

ポンドテストライン規格とポンドクラスライン規格
実は、アメリカと日本の規格なのですが、

アメリカ規格のポンドテストライン規格

こんな感じで表記されています、

PTL
TEST(lb)
lbT

表示された数値以下では絶対破断しない事を保証する。
アメリカで採用されてる表示法

国際ゲームフィシュ協会(IGFA)が定めたポンドクラスライン規格

PCL
CLASS(lb)
lbC

国際ゲームフィシュ協会(IGFA)が定めたラインクラス(IGFAクラス)の事で、
表示された強度以下で切れる事を保証する。多くの日本ラインメーカーが採用している。

表示された数値以上で、絶対破断する事を保証する。

解りやすく解説すると

引っ張り強度が 14ポンドでは切れない事を保証する

ポンドテストライン

14ポンドで確実に切れる事を保証する

ポンドクラスライン

ややこしいラインの規格が・・・

やっとヒットさせた大物をラインブレイクでだめにしたくないから、

1匹釣れたらラインチェックとルアーの結び直しを行っています。

私が使ってるフロロラインは

シーガーフロロマイスター

何と言っても、強くて、320mmで1,000円台で買えちゃうコストパ重視のラインなんだけど

安いラインを色々使ってみたけど、強度は一番だと思う

安いフロロに言える事なんだけど、

直ぐに白くなるから、1日で巻替え

ごわついてるから、ルアーの飛距離が出にくい

マキ心地が悪く、巻き取り時にラインの音が出るから

あまり使わなくなったけど、格安ラインの中では一番だと思う

R18 フロロリミテッド

私のメインライン、

100m巻きで1500円ほどなんだけど

しなやかで、引っ張り強度が強い

14ポンドで16.5ポンドの強さが有ります。

私が知ってるフロロラインの中で一番感度が良いです

もしかしたらPEラインより感度が良いかもしれないです。

お気に入りなんだけど、100m巻きしかないのが残念

モンスターブレイブZ

琵琶湖でのウエーディングでの遠投用に使ってます。

かゆい所に手が届く13ポンド、

400m巻きで、今なら4,000円しない

R18 フロロリミテッドと比べるとちょっと伸びが有るのですが、

スプールに120m巻きたいから使っています、

途中に結び目作ると、そこでラインが引っかかってバッククラッシュするから

100m以上巻きたい時は使っています。

すごく飛距離が出るラインで、

巻き心地もなめらか

それに強くて、モンスター用に作られた理由が解るラインです、

何と言っても、表面のコートが素晴らしくて

白くなったら交換しようと思っているんだけど

4日使っても何ともないからスゴイ~

以上が私の使ってるラインになります。

がんばって釣れた大物を逃がさないために

ラインは選んで使ってくださいね。

個人だから、スポンサーのしばりとか無い~

R18 フロロリミテッド10ポンドのキャロで釣れた大物

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です