パロマーノット

 ルアーをどう止めれば良いかってかなり悩んでいました。

結ぶ時にどうしても熱が発生するので

濡らして、ゆっくり締めこむ事に心かけているのだけど、

不器用な私には・・・

締め込みが難しい・・・

特にハングマンズノット、最悪でした

締めこむと。ラインがチリチリになって・・

実は、ラインがチリチリになると言う事は

結ぶ時に熱がかかってるからなの

もし、4ポンドラインだとすれば、強度が2ポンドになってるかもしれない

せっかくかけた魚を、「ラインブレイク」だけはしたくない

そんな事を考えてる時に 青木プロがスモラバを結んでいる時に、

変わった結び方してるって思って調べてみたら、

「アメリカのバスプロのほとんどがパロマーノットで結んでいる」って聞いて

調べると、

「バスプロは賞金稼ぎだから、強い結び方しかしない」という結論、

パロマーノットの動画を見つけたよ

まず最初に、アイにラインを通して、もう一度通し返す

次に、2本のラインで、普通に硬結びの感じにして

結び目の輪っかの部分にルアーをくぐらせる感じ

少しづつしめこみます

ゆっくりしめて、唾液で濡らしたり~

拡大すると

2本のラインで結ばれていて

抜けたり

ゆるんだりしない

何より、締め込みでラインがチジレにくい

 10ポンドで。58センチを釣り上げた時もこの結び方でした~

たまにユニノットも使うけど、

締め込みは、魚にしてもらう感じで使ってます。

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です