20ポイズンアルティマ 172H インプレ

ポイズン

ポイズンアルティマ 172Hの使用感

ポイズンアルティマ 172Hの使用感

ポイズンアルティマ 172Hタックル

ロッド

リール

ライン

20POIZONULTIMA172H

前のモデルより硬くなってると言われていますが、前のモデルを知らない私・・・

手に持った感じは、7ft2in.を感じさせない、軽さ、長いから、多少テップは重く感じるけど、逆に肉厚なんだろうと、安心感に変わる。(折れにくいって事)

軽く振ると、テップよりガイド3個くらいのところから曲がる

ラインを通して、まずは1オンスシンカーを結び、キャスト

高弾性カーボンを多用してるのか、かなりの反発を感じます。

そこで、グリップエンドが丸くない事に違和感を感じた、

ルアーキャストのスイートスポットは、かなり狭い

ただ、他のジグロッドに比べれば、まだ広い方だと思う

遠投向きでは無いと感じる

飛ばないってわけでは無いけれど、ピッチングは快適ではないだろうか?

キャスト後に、シンカーをずるびくと、手元にビンビンとボトムの変化が伝わって来て、ウィードの太い部分と、柔らかい所を通過する感覚が手元に伝わる、ただ、もう一度太い部分に触れた瞬間、「バイト?」と感じる、これが俗に言う「ウィードバイト」高感度のロッドだと起こる現象。

ラバージグに向いてるって思うけれど、カバースキャットをキビキビ動かすのに、最適ではないだろうか?

ショートジャークで、キビキビ動かし、カバースキャットの超微振動を出すには、鋭いツィッチが不可欠、色々なHロッドを使ってみたけど、なかなかうまく行かなかったのだけど、

20ポイズンアルティマ 172Hだと、楽に出せるのが解った

カバースキャット専用にしようと思うのは私だけだろうか?

メーカーによっていろいろなHロッドが有るけれど、

投げやすいテールウォーク、投げにくいけど、ピッチングに特化したスティーズ、オールマイティーのハートランド、

20ポイズンアルティマ172Hは ワームやジグを、キビキビ動かす事に特化したロッドだと私は思いました。

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

コメント

  1. […] このサイトの記事を見る […]

タイトルとURLをコピーしました