スティーズ SC 6111M/MHRB ファイアウルフ インプレ

ミディアムタックル

ショアコンペティション第1弾。シリーズ中核、真のバーサタイル。

「自分が求めたのは『陸っぱり1タックル化』。1本で幅広いルアーを使いたい」

※川村光大郎

スティーズファイアウルフとは!

スティーズSC 6111M/MHRBファイアウルフ

「現在のダイワバスロッドの最高峰素材で、妥協なく一から理想を追求したらどうなるのか。単純にそこにも興味があった。」※川村光大郎 談

より軽く高反発なSVFナノプラスを採用して、より深く曲がるレギュラーテーパー

これまでにない竿。軽いのにピーキーじゃない。軽くて高感度で曲げていくと粘りがある。」  

ベイトフィネス対応のソフトなティップをもち、ティップがMパワー、バットがMHパワーの究極のバーサタイルを目指し開発されたショアコンペティション

スティーズ ファイアウルフの特徴

スティーズSC 6111M/MHRBファイアウルフ

ベイトフィネスから、1ozのビックベイトまで投げられる、

112gしかないロッドなので、軽いリールを乗せた方が性能を出せると思う、

陸っぱりで1本だけのロッドで、何でもできるコンセプトで生まれたスティーズ ファイアウルフ

8~20lbまでのラインに対応、あえて3DX は使わずに、テップからバットまでX45でねじれ補強がされ、軽いルアーはテップが担当、ルアーウエイトに応じてバットへと、役割が変化していくロッド。

スティーズ ファイアウルフのスゴイ所

スティーズSC 6111M/MHRBファイアウルフ

3.5g~28gまで、投げれるのでは無く、使えるのがスゴイ

3g前後のスモラバのつるしのシェイクが出来るテップ

112gしか無い軽さ

1オンスのルアーが使え、フロッグのカバー打ちまでこなす。

スティーズ ファイアウルフの使用感

スティーズSC 6111M/MHRBファイアウルフ

私の釣り上げた2番目に大きなBASS、56㎝を連れてきてくれたのがスティーズ ファイアウルフ、ロッドが軽いので、スティーズSVTWと合わせると、スモラバのシェイクや、ダウンショットのシェイクしながらのスイミングも楽々出来ちゃいます。

足場の高い琵琶湖 矢橋帰帆島周辺で、このBASSを抜き上げに成功するパワーを持っています、私が思うに、パワーフィネスロッドだと思う。

最初に手に持った時は、3.5g~28g(1oz)までのルアーをカバーするロッドなのに、112gの重量しかないので、持つと一番に驚くのが、「この軽さで、1オンスが投げれるの?」と不安になった

使ってみると、テップはMLに近いMの柔らかさで、3.5gのスモラバにトレーラーワームを付けて、約5gくらいかな、軽いスティーズSVTWと合わせると、ストレス無くきれいにロッドが曲がり、スモラバをキャストする事が出来た、

スピナーベイトのダブルウィローだと、振動を感じられる巻物ロッドは少ないのに、スティーズ ファイアウルフは、きっちり伝えてくれます。

シャットテールワームのテールの振動も手元が来るので巻きものが楽しい、

私が良く使っているのが、やはり、3.5gシンカーのダウンショットとスモラバがしっくりきます、陸っぱりで釣れない時は、色々なルアーが使えるから重宝してます。

ロールキャストや、ちょい投げでも、軽いルアーを飛ばせるしなって粘りの有るロッドです。

スティーズ ファイアウルフおすすめルアー

エバーグリーンC-4JIG
エバーグリーンカバークリーパー
DoliveShad

【中古】ダイワ スティーズファイアウルフSC6111M/MHRBベイト式バスロッドDaiwa STEEZ FIRE WOLF01402658 【釣具/釣竿】【八代店】

価格:39,800円
(2020/4/22 05:25時点)
感想(0件)

【中古】 良好 DAIWA STEEZ スティーズ SC 6111M/MHRB FIREWOLF ファイアウルフ ロッド 釣具 竿 K4882955

価格:39,041円
(2020/4/22 05:26時点)
感想(0件)

ダイワ スティーズ SC6111M/MHRB ファイヤーウルフ

価格:54,120円
(2020/4/22 05:10時点)
感想(0件)

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました