新生ZODIASとREBELLION

新生ZODIAS

新しく生まれ変わるゾディアス 

カーボンモノコックリールシートに変わり、感度が130%にパワーアップ

ダイワからは、リベリオンがリリースされる。

どちらも売れ筋になるのでしょうね。

一番人気の番手はと言うと

6フィート10インチのミディアムロッドだと私は思うので、

2本を比べてみようと思う

新生ZODIAS 

1610M/1610M-2

操作性と遠投性を両立した現代のスタンダード

現代のスタンダードともいえる6’10”バーサタイル。飛距離、キャスト精度、操作性を高い次元で追求。ハードプラグから、ワーミングまで幅広いスタイルに対応します。

新星 リベリオン

6101MRB / 6102MRB


「誰もが求める陸っぱりの主軸」と梅田が認めるベイトど真ん中のバーサタイル機。重めのネコリグからフリーリグ、そしてジグと、消波ブロックを始めとするカバー周りでの使い勝手を向上。レギュラーファストテーパーは巻きモノにも好相性だ。

まず気になるのが重さ

ゾディアスが 110g リベリオンが 112g ブレイゾン 105g

適合ルアーウエイトが

ゾディアス 7~21g リベリオン 5~21g ブレイゾン 5~18g

適合ライン

ゾディアス 8~16ポンド リベリオン 8~16ポンド ブレイゾン 7~16ポンド

ロッドの調子

ゾディアスがファーストテーパー

リベリオンが、レギュラーファーストテーパー

ブレイゾン 不明

テップの太さ

ゾディアス 1.7mm リベリオン 2.1mm ブレイゾン 1.9mm

色々考えた結果、テップの太さが違う、

軽量化のためなのか、ベイトフィネスを意識してなのか、感度を上げるための細いテップ で

パワーと飛距離に優れたパワーバーサタイル。テキサスリグやラバージグのほか、抵抗の大きいスピナーベイトやブレードジグもこな すゾディアス

SVスプールを使えば、5gのルアーが使え、 重めのネコリグからフリーリグ、そしてジグと、消波ブロックを始めとするカバー周りでの使い勝手を向上 させ、巻物もこなすリベリオン

クランクベイト、バイブレーション、ジャークベイト、スピナーベイト等の中~大型ハードベイトからノーシンカー、ダウンショット、テキサスなどの撃ちモノまでをこなす。ブレイゾン

おそらく、感度が上の新生ZODIAS

最近ダイワのお得意の、キャスト時ルアーウエイトが乗せやすいリベリオン

私は、テップが細いファーストテーパーのキャストが苦手で・・・

どちらも、同価格帯になると思うのですが、

さて、乗せるリールは、何が良いでしょうか?

ミディアムロッドだと考え、初心者が1日ストレス無く釣りが出来る事を前提に考えると、

シマノなら、スコーピオンDCかな?

ダイワだと、新型タトゥーラSVTWと言う所でしょうか。

メーカー気にせず安く上げたいなら、新型タトゥーラが、初心者にはチョーおすすめ、

シマノから新発売の マグナムライトスプールⅢ 搭載の メタニウムも気になるな~

でも、定価44,100円だもんな~ 初心者で買う人がいるとすれば、

ポイズン買っちゃうだろうな~

話がそれたけど、どちらも、手ごろな価格で高性能ではないでしょうか、

ゾディアス トップだけステンレスSICガイドで、その他のガイドは、ステンレスフレームのアルコナイトリングガイド

リベリオン すべてのガイドがステンレスSICガイド 

ゾディアスは ブレイゾンと比べないといけないのかな?

でも、実際の販売価格は同じくらいになりそうなんだけど・・・

違うかな~ 

ブレイゾン6101MB だと、11,396円で買えちゃう

3月発売のゾディアスがいくらになるか楽しみですね。

リベリオンも 2万切るとか切らないとか・・・

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です