オフセットフック選び

せっかくヒットしたバスを、高確率でキャッチするため

色々なフックを使っています。

今の所ばらした事が今の所無いスキニーリップ

フックの先が外を向いているので、

フッキングの確率が高いです

ちょっとセットにコツがいります。

#1で50アップの上アゴを貫通させる事ができました。

次に、ワームの持ちが良い小さめのオフセットフック

フックのネックの部分が通常の2倍くらい有り、

ワームが切れにくいだけじゃなく、ずれにくい効果も有ります。

ねじ込み式だとずれにくいのだけど、バスがヒットすると、

1回でアウトの場合が多くて、LTOFFSETを使う様になりました。

小さいワーム、特にヘビキャロで使っています。

14グラムのシンカーで、80m飛ばすために

小さめのワームを使う事が増えました。

左側が issei スーパースティク2.5インチ

右側が、ボトムアップ M.P.C 2.4インチ

普通にダウショットで使っても、入れ食いになる事が多い・・・

ただ、サイズは選べないのが現実、

それから、

ワームの太さでも使い分けしています。

同じ1番フックでもゲープが浅いのと深いのが有るから、

使い分けをしてます。

太いワームには深いゲープを使わないと、

フッキングしても針先が出なくて、フッキングですっぽ抜けなんて事になっちゃう。

後は、

柔らかいロッドで、細いラインの時は、細軸のフック、

ベイトタックルで10ポンド以上なら、太めを使います。

合わせた時に、フッキングできるバランスも大切。

柔らかいロッドだと、フッキングで、太いフックはバスのアゴを貫通しません。

逆に、硬いロッドだと、細いフックが、フッキングで曲がってしまう事も考えられます。

使うロッド、ライン、ワームの太さなど、考えて、

バランスの取れたセッティングが大切だと思います。

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です