【ヘビキャロの超遠投】そんな時は「ジリオンTW HLC1516」

ジリオンTWHLC1516SH
ジリオンTWHLC1516SHL

ヘビキャロリグを超大遠投、気持ち良く投げて、遠くでかける

回りの人よりより遠くへ飛ばし、BASSをかけたい方にはおすすめなのが、ダイワの「ジリオン TW HLC 1516」です、HLCとは、村上晴彦師匠のハイパーロングキャスト理論から生まれて、1516は、琵琶湖でのロングキャストのために生まれたヘビキャロに特化したベイトリール、ジリオンTW HLC1514の飛距離が、14ポンド100mでは糸巻量が足りないので1516が誕生しました。12アンタレスよりも飛距離はかなり上です。ただ、サミングが出来る玄人限定。

※メインフレーム、サイドフレーム、ブレーキユニットの軸受け部分が、強化アルミで作られ、スティーズATWと同等の巻き心地と剛性感を味わえます。

  • 巻取り長さ(cm):81
  • ギヤー比:7.3
  • 自重(g):205
  • 最大ドラグ力(kg):5
  • スプール径(mm):36
  • ハンドル長(mm):90
  • 標準巻糸量 ナイロン(lb.-m):16-100、20-80
  • ベアリング(ボール/ローラー):10/1
  • 付属品:スプールBBオイル

標準でEVAのハンドルノブとドライカーボンのハンドルがその気にさせます。

標準で、ベアリングオイルが付属されています。

実際に使ってみた感想ですが、ベイトリールを使いなれた方には目からうろこが出そうになります、私が所有する、ジリオンTW、ジリオンTW HD、のフルキャストの飛距離が、80%のキャストで同じ飛距離が出てくれます。

私が使った感じでの判断になるのですが、1/2オンス(14g)以上のルアーウエイトを推奨、それ以下の10gくらいから投げる事は可能ですが、気持ちいいとなると14gくらいからだと思います。

あくまでも、私の推奨するタックルセッティングは、ハートランド疾風七伍でラインは16ポンド、だだ、ナイロンだとラインが全部、出てしまい、スプールの結びめで親指をケガしたので、2mほどPE1.5号をスプールに結び、PEラインとラインをFGノットなどで結び、出来る限り結びコブを小さくする事でケガしなくなります、そのおかげで、キャスト時のスプールのブレが少なくなり、スプールの唸る音が静かに、若干飛距離も伸びます。

私の飛距離を出すためのヘビキェロセッティング、

ヘビキャロに使うライン

ラインは、低水温時はナイロンだと硬くなるのでフロロの、R18フロロリミテッド16ポンド、水温が18度以上の時は、東レのBIG BASSナイロン16ポンドを使用、疾風七伍だと14ポンドラインで飛距離が落ちたので、16ポンドを使っています。

※疾風七伍を使う場合、1オンスシンカーで、フロロマイスター14ポンドだと3回に1回はキャスト切れに見舞われます、並行巻きを廃止してから弱くなってると思う、ハングマンズノット、パローマノット、どちらでも切れてしまうので、魚がかかっても、取り込め無いと思い、14ポンドラインを使う場合、R18フロロリミテッド又はモンブレZを使う様になりました、ここまで読んでくれた方にアドバイス、私が名前を書いていないラインは、理由が有り私が使わなくなったラインだと思ってください他の国産有名メーカーのラインを私は使わなくなりました。棒有名メーカーのフロロ上位ライン12ポンドが、R18の8ポンドより弱い事が解って使わなくなりました。

ヘビキェロに使うシンカー

シンカーもですが、ヘビキェロワイヤーを使わなくなりました、理由は、キャストが下手だから、リーダーラインと絡まる事がたまに有り、かけたBASSを逃がしたく無いので、シャフトにシンカーが付いたモノを使う様になり、トラブルが無くなりました。1オンスシンカーで16ポンドナイロンラインを使い、ブレーキ2で、全部ラインが出てしまうセッティングを公開。

ヘビキャロのリーダー

リーダーラインはR18フロロリミテッドか、食いがしぶい時は、シーガーグランドマックス2.5号を使います、60㎝~1m

ヘビキャロに使うフック

ヘビキェロで使うフックはワームによって色々使い分けしますが、飛距離を出すし、大物を狙うために、デコイのハイパーミニ#4

ヘビキャロで使うワーム

実は、ヘビキャロの飛距離を一番決めているのがワームです、空気抵抗が少なく、軽い方がより遠くに飛ぶので、遠投で私が使っているワームを紹介します。

DoliveShrimp3in
M.P.S(エム・ピー・エス) 2.4インチ
スイングインパクト2.5

手前にみんなが投げていて釣れない時は、小さなワームで遠投して、ウィードを切るのではなく、ほぐして乗り越えさせて、乗り越えたところでステイさせるのが私のやり方で、シンカーは乗り越えても、ワームはまだウィードの上で漂ってる感じを演出しています。

ここ数年、フロロより東レのビックバスナイロンの方が感度が良い様に思い、使いはじめましたが、強度的にまだ不安な所が有り、14ポンドは使っていません、16と20はかなり良い感じがします。

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です