ブラックレーベル プラス 6101MRB

STEEZにファイヤーウルフというバーサタイルモデルが存在する。スペックを見比べただけではその存在の差がわかりにくい。素材の差で明らかな重量差は存在するが、バーサタイルとしてのテーパーに大きな差はないと言っては言い過ぎだろうか。「STEEZに負けない1本」とは草深幸範の弁

※ダイワホームページより

ブラックレーベル プラス 6101MRB

SVスプールのベイトリールを使えば

3gのスモラバから使えます。

20gくらいまでのルアーが使えるけど

14gくらいがベストかな

特にスピナーベイトのプルプルを感じながら引いたり

ダウンショットで一番多く使っています、

14gのヘビキャロも快適

なんと言ってもレギュラーテーパーなので、

キャストのリリースポイントが広く

X45でねじれを押さえているからなのか

シャープなキャストフィールで、

キャストがうまくなったと勘違いしそうなロッドです。

ハートランドみたいなきれいに曲がるベントカーブ

ファイヤーウルフも使ってるけど、私はこちらの方が気持ちいい

何と言っても、3DXのおかげで、40アップなら抜き上げ出来ちゃうから・・・

ブラックレーベル プラス 6101MRB

ジリオンSVTWとのコンビで昨年一番BASSを釣り上げてるタックルです。

ダイワのホームページから消えちゃったけど、

予備で今のうちに手に入れようかと迷っています。

ブラックレーベル プラス 6101MRB

川村光太郎さんも、スピナーベイトで良く使っているロッドですよね

ダイワのホームページから

ブラックレーベル+が消えたのはちょっと悲しい・・・

ブラックレーベル プラス 6101MRB
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です